Un Moment Doux(アン モーマン ドゥ)~優しいひととき~

大好きなアニメ・漫画・声優さん(主に小野大輔さん♡)、ハンドメイド作品のことを書いてます。

騒音歌舞伎「ボクの四谷怪談」を観る

騒音歌舞伎「ボクの四谷怪談」

f:id:hananalevi:20170821223059j:plain

◆脚本・作詞:橋本治
◆演出:蜷川幸雄
◆音楽:鈴木慶一
◆出演:佐藤隆太小出恵介勝地涼栗山千明三浦涼介谷村美月尾上松也麻実れい勝村政信瑳川哲朗/青山達三/梅沢昌代/市川夏江/大石継太/明星真由美峯村リエ新谷真弓/清家栄一/塚本幸男/新川將人 他…

*********

騒音歌舞伎「ボクの四谷怪談」を観に行ってきました☆

騒音歌舞伎=ロックミュージカルです。

緞帳とか、セット変えとかは歌舞伎そのまま。度々蜷川さんの演出は歌舞伎のテイストを使われることがあるので見慣れたようなもの(笑)

で、途中で眠くならないか…話が理解出来るか…心配だったのですが。

大丈夫でした。(ま、途中あくびしてましたけどね)

これ、現代でありながら、話言葉が江戸時代風だったり、現代の格好だけど刀を差していたり(ジーンズに刀ですからね)、最初からしっちゃかめっちゃかな感じ。

ミュージカルという事なので、もちろん歌います。

話の内容自体は、四谷怪談がベースになっている訳ですが、、、先日の「エッグ」のようにいまいちストーリーの繋がりがよく分からない部分もありましたが。

途中から、もうそんなの気にしない方が楽しめるかっていう感じで、内容を理解するのを放棄しました。

だけど、しっちゃかめっちゃかではあるけれど、「何この舞台?」って思わせることがこの作品の狙いだった気もして、まんまとそれに引っ掛かったかも(笑)

まだ、始ったばかりなので、ネタバレしないようにざっとだけ書いてますが。

個人的には、勝村さんの歌声が聞けた。

麻実さんのジーンズ&Tシャツ姿を見れた。
って、だけで満足です(笑)

ただ、後半台本9ページ分を佐藤隆太が一人で語りつくす場面があるのですが、イマイチ説得力がないというか、ああいう場面では俳優の(舞台での)力量が問われるだけに…もうちょっと頑張りましょう。

あと、ダンスでも栗山千明がワンテンポ遅れていて、そろってなかったり…。

でも、この舞台、嫌いではないです。

はちゃめちゃなのが、ある意味新鮮で楽しかった舞台でした。

しかし、3時間半は長い…。